ペンプロッタ愛 HPGL編

最近のプリンタはプリンタ側のメモリが多くなっており、印刷イメージを送信してメモリに展開したうえで印刷できます。そのため、インクジェットは上からメモリ上のイメージをプリンタのヘッダが動く1行ずつ出力するようなイメージで出力できます。

 

しかし、ペンプロッタはメモリが少ないためペンを動かす順にコマンドを順次送信する方式になるため、ラスターデータではなくベクターデータとして送信しています。そのため、送信を行いながらペンが動き、徐々に図形が描かれていくことになります。

 

以前はRS-232Cやパラレルポート(おっさんが食いつきそうなワードですね…、自分も含まれますが)で送信しており、RS-232Cだと上限が9600ボーで送信中になってから図形を書き終わるまで、ペンが動くのを眺めることになります。まあ、これがきっかけでペンプロッタの愛らしさに気づくわけですが。

 

今思うとHPGLはLOGOに近いと思われ、初心者でもとっつきやすいのではないかと感じています。

Wikipediaから探し見てると、新OSでもそういう言語を見直す動きがあったようで、URLがありました。ただ、少し見てみましたが、更新は止まっているようです。

https://processing.org/

http://www.hv-a.com/hackaplot/

 

ただ、processing.orgのほうは今でも使えるのかな、サンプルムービーを見ると、昔のWindowsで線を描く、みたいな内容で懐かしくもあり、また理解しやすい内容ではないかと思いました。

 

黒い画面に16色の範囲での線が描かれることで興奮していましたが、それを思い出すためにまた、少し手を出してみたいなと思う言語です。