英語でのYes/Noの難しさ

今日も英会話の勉強です。

英語でYes/Noの返事をするときは、日本語と逆のイメージで、というのは学校で習ったことだった気がしますが、話の中でDon't you like roller coaster?という質問が出たときに、「いいえ」と答えるつもりで「Yes」と答えてしまい、インストラクターに指摘されてしまいました。下のブログを見て、少し理解できた気がします。

英語:yes が「いいえ」、no が「はい」の返答に慣れるコツ : なるほどの素

 

ちなみに、今回のインストラクターの方ですが、なかなか教え方が自分にあうかも、と思っています。気のせいかもしれませんが、自分のレベルで答えられるか?というギリギリレベルの質問を普通の会話の中で出してきて、やっぱり間違えたとなると、後で「ここはこうだよ」と指摘してくれたり、sの付け方を間違えていたら細かく説明してくれたりと。

DJの様に向こうからガンガン英語で話すタイプや、なかなか単語やフレーズが出てこないで考え込んでいるのを辛抱強く待ってくれたり、といろいろな方がいる中で、この人の教え方は楽しいなと最近思えるようになりました。ただ、他の人にも良いことが伝わってきたのか、なかなか予約を取れなくなっているのが難点ですが…