「古代びっくりトップ10」のエジプトの謎から今のIT業界レガシー問題を考える

#1古代の殺人兵器(Most Lethal Weapons)

 小学生並みのタイトルだけど、逆にこういうのに惹かれてしまう自分が恐ろしいのですが、TVシリーズ3本が見放題なので観てみましたよ。

回ごとに内容が違うのであらすじは無しですが、いいですねやっぱり。兵器の歴代トップ10って、もう戦車とかアパッチとか出てくんだろうと思ったら、意外なところが色々出てきて目からウロコがボロボロと落ちていきます(半魚人だしね…)

しかし、古代エジプトの謎って子供の頃はふーん、そうなんだ、と観ていたのですが、ふと気づくとブツはあるけどどうやったかを伝えてないので謎というのが多いんですよね。それってもろ最近のIT業界でおおいレガシープログラムどうするか問題に似ているような。動いているプログラムはあるが、ソースがあればまだましで、仕様書やその決断に至った経緯も不明なプログラムがあるので、謎だ!となっている状況も多い気が(うちもそうですが…) 紀元前からの話と、この数十年での話で100倍近い差があるけど、問題の根源は同じ、という、人間って進歩しないんだなぁ、と気付かされる番組でもありました。(ちゃんとしてるIT会社はもっとあると思う、というかあってほしいという希望…)