「ファンタズムⅣ」(Phantasm IV: Oblivion)はもう哲学映画と化してきた

ファンタズムⅣ(字幕版)

そう、最終版なんですよ。実はもう1つあるんですけどね。だいぶトールマンに慣れてきたけど、結局彼の何が怖いのかがよく分からず、タマ○マをいじるおじさんなのね、と下に逃げるのであった…

シルバースフィアに閉じ込められた兄ジョディを探す弟マイク。そしてマイクを探す親友レジー。そんな中マイクの前に現れたトールマンにより荒野に連れて行かれるが、そこで見せられたものは…という感じ。

…これってホラーだっけ?怖いところが殆どない、というか、タマ○マが頭から出るところがグロいというだけで、ちょっと物足りない。しかし、それぞれの出演者のロードムービーと思うとまた見方が違ってくるのでは?!もう監督のやりたい放題(それは前から…)なので仕方ないけど、トールマンとタマ○マが見られれば良い自分としては大満足です。

っつーか、初めて知ったのですが、マイケル・ボールドウィンって、もう1つの顔似てる系ボールドウィン家とは関係ないんですね?!なんだか似てないなぁと思っていたが、これが一番の衝撃かも