「ANON アノン」(Anon)はゲーム映像みたい

ANON アノン(吹替版)

anonってanonymousのネットスラングだそうな。へぇーと思ってついでにスラング一覧とか調べてみると、「スパダリ」「地雷メイク」などなどあるそうです、とMcafeeのページで見つけましたが「ググれカス」はちょっと古くないかと思ったり思わなかったり。

人間の記憶はすべて映像として保管され、検閲される未来社会で、「秘密」自体がほぼなくなり犯罪もなくなっていた。しかし、殺人事件が起こり刑事が調べ始めるが証拠をつかめず、頼りにしたのは「匿名」の女性であった。彼女は人の記憶を消すことを得意としており、刑事の偽の浮気の記憶を消すことに成功するが…という感じ。

風景や建物は今のままだけど、コンピュータを通して見るような世界では対象物の情報がピロピロと表示される世界。それがなんともゲームっぽくていいですね。しかし、皆つながっているならネット攻撃やらいろいろ大変でしょうが、そこは検閲する側が強い!という前提で。淡々とした映像はそうしようとした結果なのでしょうか、自分的には好きですね。更には目の制御を乗っ取るとか!もうちょっと映像でわかりやすくしてほしかったけど、リアル的にはああなっちゃうのかしら。なかなか良かったですよ!

 

しかし、記憶を後で映像として取り出せるような社会になったとしても、膨大な映像を記憶してどこに置いてあるかも管理する、って結構たいへんな気が、とマジレスしてみるけど。

「スケアリー・ハウス 恐怖の連鎖」(Abigail Haunting)はインディーズ顔芸

スケアリー・ハウス 恐怖の連鎖(字幕版)

もうパッケージからわかりますよね、そう!来ましたよ奴が!サイコ・スリラー衝撃作ですよ!もうたまらんですな!(色んな意味で感覚がおかしくなってる気が…)

里親に育てられたケイティは、そこを離れて彼と暮らしていたが、彼のDVに耐えきれず里親の元にしばらく戻ることに。ただ里親は痴呆の症状もあるのかテレビの前にいつもいる状態だった。しばらくは何もなかったが、警官をしている同級生と話をしていくうちに徐々に家族の過去が明らかになり、家にも何かがあると分かってきた…という感じの内容。

「itn」ですよ!しかもIndies film factoryのロゴもありで、原点に戻った感じです!(原点ってどこやねん…) 過去になにかあった、ということはわかるんですが、何か出てくるのがあまりはっきりせず、苦しめられているときも顔芸です!さすがインディーズ!(褒めてるのやら、どっちなんでしょう…) 話としてはそれなりなのですが、謎が謎を呼んで終わってしまうので、続編を見ないとなんとも…(続編期待しちゃうのか、チャレンジャーめ…)

よーし、スケアリーハウス2を期待しちゃうぞ!!

「山猫は眠らない4 復活の銃弾」(SNIPER: RELOADED)の、え、RELOADED!?の件

山猫は眠らない4 復活の銃弾 (字幕版)

ついに4まで来ましたよ。原題のRELOADEDとかトム・ベレンジャーの名前がパッケージに見当たらないのが気になるのですが、観てみますよ。

トーマス・ベケットは除隊したがその息子のブランドンが海兵隊員として国連軍に加わっていた。そこで依頼された任務は敵国領土内に残っている外国人を連れ戻すことだった。兵士何人かと一緒に行くが、隠れていたスナイパーによりほぼ全滅とされてしまい、ブランドンは撃たれたものの穴に落ちて意識を失っていたため助かった。その後なんとか戻ったブランドンはスナイパーを倒すため再度立ち上がる…という感じ。

うぉー!やっぱりー!トムいないよー!ぎゃー!!(うるさい…) それはさておき、RELOADEDは一新ということでメインキャストが変わったということですね。流石に2で目がちょとやばい設定にして長引かせるのも無理がありそうだが、軍の秘密兵器を目に埋め込んだハイパースナイパー(これ言いたかっただけだろ…)になったトーマスの活躍も見たかった。(これもテレ東的だが、敵が宇宙からくるエイリアンに限られてしまう…)

今回はスナイパー未満なのになぜか素質を見せてしまう、という異常な遺伝(はっ、まさかこれも軍の遺伝子操作によるものか…)で次回から本人のスナイパーの活躍が見れそうです。が!5,6は見放題じゃないのはなんとかしてくれー!

「ロッキー5」(Rocky V)を黒歴史と言うのはどこのどいつだ!!

ロッキー5 (字幕版)

3くらいまでは追いつけていたがその後は追いきれなくて、5があったなんて初めて知ったぜ!というあなたも私も見てみましょう。

ドラゴとの死闘を終えて帰国したロッキーだが、税理士に騙され高利の取引に手を出して失敗して借金を背負ってしまう。そんな中引退を口にしていたがロッキーとの対戦を申し込まれるが、脳の病気の疑いもありエイドリアンが断ってしまっていた。そしてロッキーに憧れてロッキーのもとにやってきたトミーを鍛え上げる。そこに悪徳プロモーターが声を掛けてトミーをロッキーから奪ってしまう。ロッキーは立ち直れるのか…という感じの内容。

うーむ、大成功のあとにズンドコに落とされるというあるあるパターン(ズンドコなのか…) しかも、豪邸から元のボロ屋に引っ越すというあらさま。いやいや、もっと手を伸ばして上げる人いないんかい、というくらいひどい扱い。しかもロッキーも引退撤回するの?しないの?どっちなの?(一部だけ抜き出して読むと危険なワードに…) という寸止め作戦のあと、まさかの〇〇ファイト(前フリが散々なだけに、想定外の伏せ字になっている気が…)!うーん、ロッキー!…ってなるかーい!「ター○ネー○ー4」と同じやんけ!こっからまた子供をボクサーに育てて、親子でこの貧困からの脱出!という6を考えてたんじゃないかという、この粘り腰!さすがロッキー!(途中からどうでも良くなってきてる…)

よーし、6も楽しみにしちゃうぞ!(6は無い様子だが…)

「山猫は眠らない3 決別の照準」(Sinper3)は安定のテレ東品質

山猫は眠らない3 決別の照準 (字幕版)

そう、トム・ベレンジャー。何故かとにかく明るい安村に一瞬見えるシーンがあるが、これはトムが寄せてきているのか、それとも自分の目にガタが来たためか…(2に掛けて見たつもりだがついてこれる人だれもおらず、独走状態…)

前作の任務を完了したことで復職したベケットだが、新しく依頼された任務はベトナム戦争で命の恩人となったフィネガンの殺害だった。ベトナムに潜入し刑事と友に準備をすすめるが、ベケットは彼を殺害できるのか…という感じ。

あー、何というテレ東向けな内容か。ボーッと見ててもなんとなく理解できる内容+何でも詰め込んじゃう感じやら、裏切りなどなど。まぁ何でも有りなのがテレ東ですが。どう救われたのかが全然分かってないのに、命の恩人に銃を向けなければ行けないシチュエーション!これはもうベケットマニアにはたまらんですな!(えー、どれだけいるんかしら…)

よーし、次4行くぞ!!

「プロフェッショナル 不死身の男」(Zagovorennyy)の急に終わっちゃう感

プロフェッショナル 不死身の男(字幕版)

アメリカン好きな戦争ものかと思いきやロシアン映画でしたよ。ロシアも映画産業はなかなかですな。プ○チ○の力の入れようでしょうか。(やだなー、ぷっちょですよぷっちょ!…)

昔戦場で神のように崇められていた男が、今は電気修理業として生きていたが、そこに昔の同僚が現れて仕事の依頼をしてきた。盗まれたミサイルを取り戻し分解して船で輸送するとの内容。その仕事に3人追加して仕事に当たるが、実は同僚から男を殺すよう依頼されていた。しかしうち一人の協力で生き延びることができた。同僚への復讐を果たすため、男は立ち上がる…的な内容。

ロシア語全然読めないのですが、いきなり登場人物紹介から始まってしまう。TVドラマ総集編っぽい感じです。内容は見れなくないのですが、主人公の無双っぷりがもうジャックバウアーなんか目じゃないくらいで、話を追うしか無いのですよ。しかも所々で出演者による過去の話とかがされるんですが、関連がよくわからない。でも!(キター!)それがいいんですよ!ドラマのぶつ切り?!マグロのぶつ切りもいいぞ!一人で30人やっつける?!銃相手にそんなことしちゃうからファンタジーなんですよ!ラスプーチンもびっくりですよ!(これは意味不明…)

急に終わっちゃうラストの続きがあるのか非常に気になって夜も眠れないです…ヒロシです…(違うけどな…)

「山猫は眠らない2 狙撃手の掟」(Sniper 2)でいきなり目に来てしまう設定は後先考えないチャレンジャー

山猫は眠らない2 狙撃手の掟 (字幕版)

トム・ベレンジャーですよ!「プラトーン」でブレイクしてからいろんな作品に出ており、その中で生まれた「山猫は眠らない」が長くシリーズ化してますな。アマプラで2~4と7(なぜ1がないのと飛び飛びなのか…)が見放題になっていたので、チャレンジしてみたよ。

海兵隊を除隊していた伝説のスナイパー ベケットに軍から仕事の依頼が来た。バルカン半島で抵抗運動を主導している将軍の殺害だった。戻れない可能性もあるのでパートナーは死刑囚から経験のある男が選ばれバルカン半島に潜入する。現地での手配員に銃や射撃場所などを手配してもらい、準備は万端だったが…という感じ。

うーん、なんだろうこのまったり感。ただこれがテレ東向きと言ったらそうなのよね。時間も90分とCMとか入れるとぴったりなのはなぜだろう。それは置いておき、2でスナイパーの目がちょっと、というのはなかなかチャレンジャーな設定だと思うんだけど。ベテランなので仕方ないけど、あとに続くのはどうすりゃいいのさ!(なんとかなってるから8まで行ってるんだけどね…) それはさておき(さっきも何か置いた気がしたが…) テレ東的にはそこそこのアクション!そこそこの達成感!トム・ベレンジャーのドヤ顔!(随分ディスってる気がするが…)

スナイパーだけどまったり見るのは丁度よいなと言う感じの作品です。