「隕石が落ちた夏」 (Les météorites)は自分の中では超フランス映画っぽい感じ

隕石が落ちた夏 (字幕版)

あぁ、もうパッケージがフランス映画ですよね。タイトルがフランス語だけに…きれいに落ちたところで、よし行くぞ!

テーマパークでバイトする高校生の主人公は、ある時隕石が落ちるところを見る。その後であった男といい感じになるが、その男は既婚者だと聞く。そして男が国に戻ったと聞き、急に隕石が落ちた場所を探しに行く…という感じの内容。

正直言って大したことをしていない高校生の日常を描いた映画で、ちょっと違うのは隕石というところでしょうか(恐竜のテーマパークでバイトするのもなかなか無いけどな…)。とはいえ、このストーリーの脈絡の無さというか、映画にするにはあまりに大きな事件が起きないという。主人公もやんちゃというかグイグイ自分で進んでしまう、フランス人というイメージが自分にはぴったりな感じの人ですね。(あくまで自分の印象ですので…)

フランス映画でホッとしたいあなたにオススメ!